鍵のトラブル時に注意するポイント

玄関の鍵は防犯性の高いものに交換しましょう

あまりない機会かもしれませんが、玄関の鍵を無くしてしまい、どこに落としたか分からない場合は、鍵そのものを新規のものに交換した方が安心です。それは、もし泥棒などに落とした鍵を拾われると、簡単に家宅の中の財産を盗まれかねないからです。新しい鍵へ交換する際は鍵屋さんに電話すると、すぐに自宅まで来て作業をして貰えます。鍵屋さんでは様々な鍵の型を用意しており、防犯性の高い鍵へ交換出来ます。

昔の一般住宅の玄関でよく使用されていた鍵は、ピッキングという特別な道具を鍵穴に差し込み、鍵を開けてしまう手口に弱いです。

image

ものの数十秒で開錠出来てしまいますが、最近の防犯性の高い鍵ならピッキングに対して一定以上の抑止力があります。時間をかければピッキングで開けることが可能なものの、空き巣というものは時間が掛かるのを何より嫌がります。時間を要している間に住人が帰ってくるかもしれないですし、不審者と勘付かれて周りの人に通報されかねないからです。

耐ピッキング性能だったら5分未満の鍵、5分以上10分未満の鍵、10分以上の鍵と3つあります。10分以上の耐ピッキング性能を持っている鍵なら、十分ピッキングの対策として有効と言えます。

引き戸の玄関に付いている鍵は、2枚の扉の隙間から器具を差して、サムターンを回して開錠する手口が広く用いられています。そんな時でもサムターンを取り外せる鍵や中からも鍵が掛けられるものがあるため大丈夫です。

その他には暗証番号を押して開錠するタイプの鍵もあります。これならつい鍵を紛失することが無い上にピッキングの手口もサムターン回しの手口も使えないです。

暗証番号は自分で選択出来るため、変更を定期的に行えば当てられにくくもなります。その代わりに、変えたばかりの暗証番号はなかなか覚えられません。鍵を掛けて外出した後に暗証番号を忘れてしまうと、中に入れなくなってしまいます。暗証番号を忘れても良いようにメモに残しておくと、そのメモを落とす可能性などがあるので、なるべく覚えた方が良いです。